イタリア工業の特徴【「鉄の三角地帯」を覚えておこう】

イタリアは伝統的に農業国でしたが、第二次世界大戦後に工業が急速に発展し、工業国に生まれ変わりました。ここでは「鉄の三角地帯」と呼ばれるイタリアの有名な工業地域や重要産業を紹介しています。

 

 

イタリアの工業地帯

ジェノヴァやローマの他、北イタリアのミラノ、トリノ、ジェノバを結ぶ「鉄の三角地帯」は有数の工業地帯として知られます。

 

ミラノ

ミラノはイタリア最大の商工業都市として知られます。イタリアの大企業のほとんどがミラノに集中するなど、イタリアの経済的首都として機能しています。航空機、自動車、ガラス、ゴム、食品、繊維、製紙など、工業分野は幅広いです。中世にはミラノ公国の首都として栄え、毛織物工業や精密工業の中心地でした。

 

トリノ

トリノは世界的自動車メーカー・フィアットの城下町として急成長を遂げたヨーロッパ有数の工業都市です。フィアットはトリノのリンゴット工場(現在は閉鎖)で大衆車の生産を開始し、莫大な利益をあげ、戦後イタリアの高度経済成長に大いに貢献しました。

 

ジェノヴァ

ジェノヴァはイタリアで圧倒的な貨物取扱量を誇る港湾都市として有名ですが、造船、兵器製造、製鉄、精油などがさかんな工業都市でもあります。中世より東方貿易の拠点として栄えていました。

 

イタリアの有力工業

自動車産業

イタリアは自動車産業が強く、フィアット、フェラーリ、アルファロメオ、ランボルギーニといった高級車メーカーが複数存在しています。自動車部品は国内最大の輸出品であり、イタリア経済において自動車産業が占める割合は国内総勢産の1割近くを占めています。ちなみにイタリア車のデザインはエキセントリックと評されることが多く、実用性よりも趣味性が強く出た車が多いといわれています。

 

機械製造業

機械はイタリアにおける重要部門の1つです。工業従事者の4割がこの部門で働いており、輸出入額の半分近くを機械部門が占めています。イタリアは日本と同じように、エネルギーや鉱物といった天然資源に乏しいので、原材料を輸入して製品を輸出する加工貿易で発展してきたのです。