イタリアの首都ローマの歴史をわかりやすく

 

ローマ(イタリア語:Roma)は、中央イタリア・ラツィオ州に位置する、イタリア共和国の首都です。「七つの丘」を中心に1,285 km2(東京の約2倍)の面積を持ち、2020年時点で国内最多の286万人の人口を擁します。
テヴェレ河のほとりに都市国家として成立し、のちに地中海全域を支配するローマ帝国の首都として繁栄。帝国崩壊後は教皇領の首都として1000年以上盛衰を共にし、19世紀のリソルジメント(イタリア統一)運動でイタリア王国の一部へ併合されました。

 

 

イタリアの首都としてのローマ

イタリアの首都がローマになったのは、イタリア建国(1861年)から10年ほどたった1871年です。それまでルネサンス文化の中心地として知られるフィレンツェに首都が置かれていましたが、普仏戦争(1870-71年)でローマのイタリアへの併合が決まったことで遷都がなされました。

 

都市ローマの特徴

カトリックの中心地

ローマ市の域内にあるバチカンは、イタリア国民の大半が信仰するカトリックの総本山として知られます。かつてローマを中心としてイタリアに一大拠点を築いた教皇領の流れをくんでいます。この教皇により統治される独立国には、世界中から毎年大勢の巡礼者が訪れます。

 

ローマ帝国発祥の地

ローマはヨーロッパ文明の揺籃といわれるローマ帝国発祥の地です。前8世紀の成立以降、周囲の都市、民族を次々と服従させていき、前1世紀にはその支配領域は地中海世界全域におよびました。ローマは1日にして成らず」(=何か大きなことを成し遂げるには長い時間がかかるということ)という有名な諺は、ローマ帝国が長い年月をかけて世界史上類を見ない大帝国を築き上げたことに由来しています。

 

歴史年表

紀元前753年
都市国家として成立(あくまで伝説上の年)。

 

前509年
共和政に移行

 

前272年
イタリア半島統一。

 

前27年
・地中海世界の統一
・帝政移行

 

286年
巨大化した領土の分担統治の開始(政治的重要性の低下)

 

395年
西ローマ帝国、東ローマ帝国に分裂

 

410年
ローマ略奪(ゲルマン人によるローマ侵攻・陥落)

 

476年
西ローマ帝国の滅亡(ゲルマン人オドアケルによる皇帝廃位により)

 

481年
フランク王国の成立

 

553年
東ローマ帝国によるローマ併合(ローマが再びローマ皇帝の支配下に)

 

750年頃
東ローマ帝国から独立

 

752年
教皇領の成立

 

800年
カールの載冠(西ローマ帝国の復活)

 

1400年代末
ローマやフィレンツェを中心にルネサンスが最盛期に

 

1527年
神聖ローマ帝国軍による都市ローマ侵略を受け、ルネサンスが終わりを迎える。

 

1580年頃
街路・水道・橋梁の設置など都市ローマの大規模な改造が行なわれる。

 

1797年
ナポレオン1世により都市ローマが占領される。

 

1861年
イタリア王国が成立。

 

1871年
イタリア王国が教皇国を併合。都市ローマはイタリア王国の首都となる。

 

1922年
ムッソリーニが都市ローマへ進軍し政権を獲得。

 

1944年
第二次世界大戦末期、連合軍により都市ローマが制圧される。

 

1946年
イタリア共和国が成立し、都市ローマが同国の首都になる。

 

1946年以降
航空機の発達により世界中から都市ローマに観光客が訪れるようになる。