メディチ家の歴史と現在(末裔)【金融業で財を成した超名門】

メディチ家(イタリア語:Casa de’ Medici)は、15世紀から18世紀までフィレンツェを支配したイタリアの名家です。金融業により富を築いたコジモ=メディチ(1389〜1464)が財力を背景に、メディチ家繁栄の基礎を築き、フィレンツェで絶大な影響力を行使するようになりました。

 

子のピエロ=メディチ(1416〜69)を経て、孫ロレンツォ・デ・メディチ(1449〜92)の時にメディチ家とその支配下のフィレンツェは最盛期を迎えました。ルネサンス芸術の保護者としても知られます。1737年にガストーネが死去したことで断絶し、フィレンツェの支配権はハプスブルク家に渡りました。

 

 

メディチ家の歴史

メディチ銀行の創設

ジョバンニ=メディチ(1360頃〜1429)がフィレンツェにてメディチ銀行を創設し、教皇庁を最大の顧客として、ローマ、ナポリ、ヴェネツィアなどイタリア各地に支店を拡大し、その後のメディチ家隆盛の基盤を作りました。ジョバンニは芸術にも理解があり、芸術家を支援するパトロンとしても活躍していました。

 

フィレンツェの統治者に

次代のジョバンニの子コジモの代で、アビニョン(フランス)やロンドン(イングランド)などヨーロッパ各地に支店が拡大し、ヨーロッパ有数の大銀行に成長しました。フィレンツェの国家元首としての地位を手にすると、ミラノやナポリとの外交にも力を入れ、フィレンツェの安定と平和に務めました。

 

黄金期

コジモの孫ロレンツォ(1449―1492)は代々の親の方針を引き継ぎ、イタリア諸国との友好を築くとともに、ルネサンス芸術の保護にいっそう力を入れ、フィレンツェは政治的・文化的に黄金期を迎えました。またロレンツォの次男はローマ教皇10世に選出されています。

 

メディチ家の現在・末裔は?

メディチ家直系の血筋は、ジャン・ガストーネ(最後のトスカーナ大公)の姉、アンナ・マリア・ルイーザ(1667年-1743年)を最後に断絶したため、現在メディチ家の末裔は存在しません。

 

ガストーネは子供を作れなかった為、父コジモ3世は、唯一メディチ家の血を引くマリアをガストーネの次期トスカーナ大公にしようと考えていましたが、結局それも叶わず、マリアも子を授からぬまま死去しました。

 

マリアは遺言として「メディチ家のコレクションがフィレンツェに留まり、一般に公開されること」という条件で、全ての美術品をトスカーナ政府に寄贈しています。このおかげで、歴代メディチ家の大量の美術コレクションは、現在フィレンツェのウフィツィ美術館で見ることができるようになっています。