イタリアの気候的特徴【地域や季節ごとの違いを知ろう】

イタリアで最大の気候区は地中海性気候(夏は高温乾燥、冬は温暖湿潤)ですが、この国は南北に細長く山がちな国なので、地域によってかなり気候差があることは知っておかねばなりません。

 

イタリア南部・諸島部の気候

ローマやナポリがある南部や諸島部は、ケッペンの気候区分における地中海性気候地域にあたります。夏は高温で日差しが強い乾燥期ですが、冬になると気温が落ち着き、雨もよく降るようになります。また初夏には、アフリカ・サハラ砂漠から地中海を越えて、時に砂嵐もともなう高温湿潤の南風(シロッコ)が到来することで知られます。

 

イタリア北部の気候

ミラノ(※1)やヴェニス、トリノなどの都市があり、アルプス山脈に近い北部は、ケッペンの気候区分における温暖湿潤気候地域にあたります。年間通して降水量が多い、夏に蒸し暑いなどの特徴がみられます。南部と違って曇りや雨の日が多く、午後・夜間に雷雨が発生することも珍しくありません。またアドリア海側の海岸部は、冬と春に冷たいボラ風(※2)の影響を受けることでも知られます。

 

※1…ミラノのような大都市では、強力なヒートアイランド現象の影響があるので、夏はいっそう蒸し暑い一方で、冬になると過ごしやすくなる傾向があります。

 

※2…北東部の都市トリエステでは顕著に見られます。「ボラ」とはギリシア神話の風の神「ボレアース」に由来しています。