モンブラン

モンブラン(Monte Bianco)

モンブラン

標高 4,808.73 m(2015年測定時)
所在地 ヴァッレ・ダオスタ州
位置

北緯45度50分01秒
東経6度51分54秒

山系

・アルプス山脈
・グライエアルプス山脈

初登頂 1786年8月8日

 

モンブラン(仏:Mont Blanc 伊:Monte Bianco)は、ヴァッレ・ダオスタ州にある国内および西ヨーロッパ最高峰の山です。フランスと山頂を共有しており、フランス最高峰の山でもあります。ヨーロッパではロシアのエルブルス山に次ぐ高さです。

 

名前の由来

「モンブラン」という呼称はフランス語で「白い山(山Mont + 白いBlenc)」という意味です。イタリア語では同じ意味で「モンテ・ビアンコ (Monte Bianco) 」と呼ばれています。

 

標高について

モンブランの山頂は、厚い氷と雪で覆われているので、高さは常に一定ではなく、長い年月をかけて変化します。そのため定期的に測定が行なわれ、正確な記録に更新されています。

 

山頂の領有

山頂がイタリアとフランスどちらの領有かというのはしばしば議論になりますが、1861年(イタリアの建国年)に行なわれた協議で、国境線はモンブラン山頂を通ることし、両国が領有を分け合う形で落ち着きました。

 

モンブラン山塊

モンブランを含めたモンブラン山塊(モンブラン、グランド・ジョラス、エギーユ・デュ・ミディのアルプス最高峰の山々)は、ハイキング、登山、スキーやスノボーなどのウィンタースポーツの名所でもあります。これら山塊はその独自性や文化的重要性から、世界遺産の候補地にもなっています。