アディジェ川

アディジェ川のデータ
アディジェ川
延長 409 km
流域面積 12,100 km2
水源 アルプス山脈レージア湖付近
河口・合流先 アドリア海
流域の都市

・レニャーゴ
・ヴェローナ
・トレント
・ボルツァーノ
・メラーノ

支流

・レーノ川
・フェルジナ川
・アヴィージオ川
・ノーチェ川
・イザルコ川
 -タルヴェーラ川
 -リエンツァ川
・パッシーノ川

 

アディジェ川(イタリア語:Adige)は、イタリア北部を流れる、ポー川に次いで国内で2番目に長い川です。オーストリアとスイスの国境に近いアルプス山脈レージア峠(標高1509m)のレージア湖に水源を持ち、前半は北から南へ流れ、後半のポー平野部に入ってから東流し、ヴェネツィア県キオッジャ周辺でアドリア海に注ぎます。

 

流域面積はポー川、テヴェレ川に続き国内第3位の規模で、北イタリアの経済活動における重要河川です。上流は水力発電に利用されると同時にワイン造りがさかん。そして下流は灌漑用水に利用されています。

 

歴史

「アディジェ」という名前は、古代ケルト語の「水」に由来しています。
季節による水量の変動が激しいので、航行には適さず、古来より洪水被害に悩まされてきました。近代に入り運河が建設され、ガルダ湖に水が流れるようになり、洪水被害はほぼ解消されています。