イタリアの地形的特徴【山間部の割合に驚愕!】

イタリアの国土は、地中海に大きく突き出たイタリア半島(長靴型の形状が特徴的)と、2つの主要な島(シチリア島、サルデーニャ島)、その他諸島部で構成されています。

 

海岸線

イタリアの海岸線の長さは全長7500km(世界15位)にもおよびます。イタリア南部のアマルフィ一帯に広がる断崖絶壁の海岸(通称アマルフィ海岸)は、変化に富む特徴的な連なりを見せており、イタリア有数の景勝地として知られます。

 

イタリアの国境線と海岸線
 国境線:1,932km
 海岸線:7,600km
 合計:9,532km

 

山岳地帯

北の国境付近にはアルプス山脈が東西に弧をかくように走り、そのアルプス山脈から分岐したアペニン山脈がイタリア半島を縦貫している関係で、イタリアには山が多く、国土の8割以上は山間部が占めています。この山岳地帯の斜面を利用したブドウやレモンの栽培がさかんです。

 

イタリアの海抜
 最低標高地点:-3.2 m
 最高標高地点:4,810 m

 

平原

山間部が大半のイタリアにおいて、平野部は2割程度です。そしてその少ない平野部のうちほとんどを、イタリアの北部および中部4州にかけて広がるポー平原が占めています。アルプス源流のポー川流域に広がる平原で、稲作や酪農がさかんな肥沃な農耕地帯として知られます。特にエミリア・ロマーニャ州は「イタリアの食料庫」と称されるほど食料生産がさかんな地方です。