イタリアの軍事力まとめ【「弱い」と言われる理由とは?】

軍紋章

イタリア軍の紋章

 

イタリア軍(イタリア語:Forze armate,略称FF.AA.)は、イタリア共和国の国防を担う軍事組織です。陸軍・海軍・空軍と、警察軍(カラビニエリ)の四軍で構成されており、国防省の管轄に置かれています。

 

 

軍事支出

2018年の軍事支出は27,808百万ドルで世界11位、ヨーロッパではドイツに次ぐ5位となっています。

 

徴兵制

もともと徴兵制でしたが2004年に廃止され、現在は職業軍人のみで構成されています。

 

軍の構成

海軍

イタリア海軍(Marina Militare)は、1861年に創設された王立海軍に起源を持ちます。イタリアは伝統的に海洋国家として発展してきたため、海軍の実力は世界屈指です。近代以降はイギリス海軍を手本に急速な技術革新を遂げ、高度な造船技術を獲得しました。

 

現在イタリア海軍は

 

  • 外洋部隊司令部
  • 哨戒部隊
  • 沿岸警備監督司令部
  • 水陸両用戦部隊司令部
  • 潜水艦部隊司令部
  • 掃海部隊司令部

 

という5つの司令部で構成され、幅広い活動を行なっています。

 

陸軍

イタリア陸軍(Esercito Italiano)は、サルデーニャ王国時代の王立陸軍に起源を持ちます。近代以降、イタリア統一戦争、植民地戦争、第一次・第二次世界大戦など、数多くの戦争に参戦してきました。現代ではアフガニスタン戦争やイラク戦争にも参戦しています。

 

空軍

イタリア空軍(Aeronautica Militare)は、イタリア王国時代に創設されたイタリア陸軍航空隊を前身とする組織です。1911年の伊土戦争において、世界で初めて航空戦力による地上攻撃を行なった軍隊としても知られます。

 

警察軍(カラビニエリ)

イタリア国家警察軍(Arma dei carabinieri)は、イタリア軍を構成する国家警察(憲兵とも)です。陸海空軍に並ぶ第四の軍。一般の警察と同等の機能に加え、軍隊としての機能も備えているのが特徴です。

 

軍の歴史

イタリア国軍の元々の名称は「イタリア王立軍」です。1861年にイタリア王国の初代国王であるヴィットーリオ・エマヌエーレ2世により創設された王立陸軍、王立海軍、1923年に第三代国王であるヴィットーリオ・エマヌエーレ3世に創設された王立空軍。これらが現陸海空軍の前身です。1946年に王制が廃止され、国軍が国防省の管轄となったことで、名称も「イタリア王立軍」から「イタリア軍」に変更になりました。

 

終戦後しばらくはパリ講和条約で活動が厳しく制限されますが、1951年のインド・パキスタン紛争への参戦を皮切りに活動が活発化。冷戦期には国際貢献活動に積極的に従事したほか、近年はアメリカ主導の対テロ戦争への協力も行なっています。

 

軍事史年表

1814年 警察軍(カラビニエリ)の創設
1861年 イタリア陸軍、イタリア海軍創設
1915年1月7日 イタリア空軍創設
1915年5月 第一次世界大戦に参戦
1940年 第二次世界大戦に参戦
1946年6月 終戦後「イタリア王立軍」から「イタリア軍」に名称変更
1947年 パリ講和条約で軍事活動が厳しく制限される
1951年 インド・パキスタン紛争を皮切りに活動が活発化
1975年 イタリア軍の再編成
1980年 アフリカ、中東などの平和維持活動
1982年 陸軍がレバノン内戦介入
1990年 湾岸戦争に参戦
2003年 イラク戦争(第二次湾岸戦争)に参戦
2004年 徴兵制廃止

 

イタリア軍が「弱い」と言われる理由とは?

しばしばイタリア軍が「弱い」と言われるのは、主に第二次世界大戦の影響と思われます。イタリアはムッソリーニが軍上層部の反対を押し切って参戦したものの、第一次世界大戦による不況で軍の近代化が進んでいなかったこと、兵站能力が足りていなかったことなどが原因で、イギリス、フランス、ギリシャなど相手に連戦連敗し、ろくに戦果が得られませんでした。そして終戦の2年前には無条件降伏しています。

 

こういった過程から「情けない」というイメージが定着し、「弱い」などとレッテルを貼られることがあるようです。ただ昔はともかく、現在のイタリアは、戦後東西冷戦の最前線に立たされていたことが影響し、ヨーロッパでも有数の軍事力を有しており、むしろ強いほうだということは知っておいてください。